この任意保険という保険は強制保険としての自賠責保険とは違って、自賠責保険ではまかなうことが難しい補償が可能になる大切なより充実した保険です。これは任意の保険の注意点は自賠責保険の上乗せという意味合いで働きますので自賠責保険でまかなえる限度額を上回った際に有用です。さらに自賠責保険では物的損害に対しては補償対象にならないので対物損害をまかなうためには入っておくことが望ましいです。既に任意保険の保険料を支払い済みの車を売る際は国内メーカーの自動車や輸入車ということは例外なく、残っている分が返金されます。国産自動車を査定に出す場合でも例外ではありません。自賠責保険の場合は普通はそのままにしておくのが常識ですが任意保険というものは誰でも加入する保険ではないので、中途解約ということになります。それで解約した後は現段階で 支払っている残金が戻ってくるのです。クルマの売却が決まった場合でもすぐに任意保険を解約するというのは危険です。当然、すぐにキャンセルしてしまえばそれだけ返ってくるお金は上がりますが自動車専門店が遠くにあって、自ら持っていくことになったケースでは、任意保険なしで自動車の運転をするはめになります。緊急事態を考えて、絶対今後車の運転をしないと言い切れるまで任意保険の解除をしないようにする必要があります。中古車を売却してすぐさま違うクルマを買う場合ならば良いですが、もししばらく車に乗らない状況が続き任意保険の必要がなくなってしまったら任意保険に加入していない時がある場合前に入っていた時の等級が下がり任意保険の保険料が増えることがあります。そういったような時であれば「中断証明書」を提示してもらうようにする必要があります。この「中断証明書」があれば最長で10年は解約前の任意保険の等級を引き継ぐことができます。これは、13ヶ月以内ならば発行依頼をすることができますからもし既に手放していて「中断証明書」という書類を発行してもらっていないのならば、保険の提供元やその代理店に中断証明書を発行していないことを伝えるようにしましょう。仮に自分が他のクルマを買うことになって購入後に前に乗っていた中古車を引き取りに出すのならば、任意保険の契約はどちらか一方のみの契約です。任意保険の切り替えということになりますから運転する予定のある自動車だとしたら引き取りまで注意しなければなりません。また任意保険というのは車両で保険料が大きく変わりますから自動車売却の際は任意保険を検討してみる良いタイミングになるでしょう。