自動車の査定の留意点として重要視されるものに走行距離が挙げられます。走行距離は、車の寿命とみなされるケースもありますので、実際の走行距離が長ければ長いほど査定ではマイナス面になります。基本的には走行距離だけで見れば短いとそれだけ査定額は上がりますが、実際のところほとんど突っ込んだ基準はないので一定の目安で査定されます。こういったことは実際、自動車を中古車買取業者に売却する際も重視される査定の要点です。例えば普通車ですと一年で10000キロが基準としてこれを超えていると大抵査定がマイナスとなります。軽自動車では年間8千kmがまた年数が経っているのに距離が短いとしても、査定額が高額になるとは限りません。実際にやるととてもよく分かりますが車は定期的に動かすことによっても車両の状態を保ちますから短い走行距離の中古車だと故障が起きやすいとも考えられることもあると思います。自動車を手放す際も同じことです。通常は年式・走行距離についての査定のポイントは、年式にたいして程よい走行距離であるかというところです。またその自動車の経過年数も車買取査定の大きな留意点です。十分と把握しているといった人も多数だと考えていますが、年式に関しては新しければ新しいほど査定をする上で高評価が出やすいのですが例外としてその年式にプレミアが付いている車は古い年式でもプラスに見積してもらえるケースがあります。同様種類で同一の年式であってもその年式の中でマイナーチェンジやモデルチェンジなどがあった車はもちろん、それぞれのモデルによって見積額は変わります。同グレードの車を手放す金額という場合でも様々な要素で車の評価はその時々で変わってきます。